保育園日記

除夜の鐘

[平成26年12月31日]

IMG_4045

 

平成28年度の情報はこちらをクリック

 

『妙福寺 除夜の鐘』

平成26年12月31日 午後11時30分開始

整理券配布:午後10時 本堂前テントにて

※先着500名甘酒無料接待あり

 

本日は大晦日。大晦日と言えば「除夜の鐘」です。妙福寺の梵鐘は江戸時代初期(寛文4年、1664)、鋳物師田中大和守藤原重正により鋳造された姿の美しい銅製の鐘です。平成9年に練馬区文化財に指定されました。都内でも有数の歴史を誇る伝統の梵鐘を撞き、煩悩を滅し、心清らかに新年を迎えましょう。

毎年あっという間に整理券が無くなりますので、撞きたい方は早めにお並びください。またなるべく多くの方についていただくために、カップル・グループ・ご家族などは1組につき整理券1枚とさせていただくことがありますので、何卒ご了承ください。

参拝者への接待として無料で振る舞われる甘酒は、檀家の酒屋さんから毎年奉納される上質な酒粕を使用した濃厚な甘酒です。甘酒好きの方もそうでない方も、ぜひ味わってみてください。体が温まります。

札所では新年の破魔矢、熊手、御札、お守りなどの販売も行っています。初詣にどうぞご参拝ください。

 

お坊さんが走り回るほど忙しいと言われる(?)師走。私も原因不明の忙しさに見舞われ、日記の更新が大分滞りました。保育園はお遊戯会の後も毎日楽しく過ぎていき、年忘れのナイアガラ花火&芋煮会も和やかに行われ、27日(土)をもって無事に年内の保育を終了しました。皆様1年間、大変お疲れさまでした。

それでは皆様、どうぞ良いお年を!

 

保存

保存

おつけもの!

[平成26年12月16日]

お遊戯会後の更新が少々途絶えておりました。今回は過日行ったたくあん作りのご報告!

 

IMG_1725

みんなで掘った大根のその後。そろそろ良い感じ?プニプニ。

 

IMG_1727

整いました

 

IMG_1728

米ぬかに材料を混ぜ

 

IMG_1730

干しておいた果物の皮も混ぜていきます

 

IMG_1734

樽に大根を並べ、上にぬかを敷き詰め

 

IMG_1735

更にまた大根を重ねます

 

IMG_1737

上まで漬け込んで完成! うー、できあがりが楽しみ!

 

保育園のたくあんは子ども達の手作り。毎年出来具合は様々で、しょっぱ過ぎたり薄過ぎたり。ちょうど良い具合がなかなか難しのです。でもそれがまた楽し。掘って、干して、漬けて、食べて。出来はどうあれ手作りはやっぱり愛しくて美味しい。手間暇掛けながら楽しんで、ものの有り難さも学びつつ、子ども達は生きていきます。

 

さて、このたくあんの漬け上がる頃、再びあの美しい姫と王子が現れるのでしょうか?! (内輪ネタです…笑)

お遊戯会

[平成26年12月6日]

IMG_1716

本日「成道会お遊戯会」が行われました。

お釈迦さまは12月8日におさとりを開かれました。その日を「成道会(じょうどうえ)」と呼びます。保育園ではこの日をお祝いしてお遊戯会を開きます。

 

IMG_1708

1・2才児は歌、3・4・5才児は劇や遊戯、合奏などを発表します。いつも子ども達の姿に感動させられますが、今年も皆の堂々と楽しそうに発表する姿に胸を打たれました。先生達もよくがんばりました。素晴らしいお遊戯会でした。各ご家庭でも、今日のこの感動を子どもと一緒に分かち合っていただきたいと思います。

 

IMG_1711

IMG_1723

IMG_1720

子ども達は発表が大好きです。お遊戯会のために皆で協力して練習を積み重ね、本番で家族やたくさんのお客様から大きな拍手を貰う。それが子ども達の達成感や充実感、満足や自信に繋がり、成長の糧となっていきます。こうした行事が終わった後しばらくの間の、子ども達の自信に満ちあふれた満足そうな表情や生き生きとした姿が、私はとても好きです。

お釈迦さまがおさとりを開かれた大切な日を祝い、皆が集い、互いを思い、成長の喜びを分かち合う成道会。なんて素晴らしい日なのでしょう。お釈迦さま、ありがとうございます。

今日の温かい拍手を励みに、月曜からまた楽しく毎日を過ごしてきたいと思います。

 

※写真は全て過日の予行演習の様子です。

このページのトップへ