保育園日記

花まつり

[令和3年4月9日]

4月8日は花まつり、お釈迦さま(仏さま)のお誕生日です。1日遅れではありますが、今日子ども達とそのお祝いをしました。

 

 

各家庭から寄せられた花で花御堂(はなみどう)を飾ります。

 

 

お母さんのお腹の中に赤ちゃんを運んだと言われる白い象。そして花御堂の中には子どもの姿をしたお釈迦さまがお祀りされています。

 

 

年長の数名がお釈迦さまにお祝いの手紙を書いてくれたようです。みんなの前で発表しています。(年長)

 

私は年長の部屋にお邪魔して、お釈迦さまの誕生物語を語って聞かせることにしました。昨年に引き続き、園内では集会を自粛しています。なので花まつりのお祝い会もクラスごとです。

 

 

4・5歳が白象を牽いて本堂へ参拝。みんな嬉しそうです。

 

 

本堂でお釈迦さまにおめでとうを伝えた後、みんなで誓いの言葉を唱和します。

 

 私たちは仏さまの子どもです
 心も体も正しく強く
 いつも明るいよい子ども

 悪いことは すぐやめます
 道具は 大切にします
 生き物を かわいがります
 お友達と なかよくします
 一日に 一つ良いことをします

 

昔からずっと変わらない、仏さまと子ども達との大切な約束です。(^^)

 

 

 

一人一人お像に甘茶をかけてお祝い。

 

お釈迦さまがお生まれになった時、空に現れた龍が甘い雨を降らせて生まれたばかりのお釈迦さまの体をきれいに洗い清めてくれました。そして村一面には美しい花々が一斉に咲いたそうです。こうした言い伝えをもとに、花まつりの日には甘茶とたくさんの花を用意してお釈迦さまのお誕生をお祝いするのです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

あたたかな春の日差しのもと、園庭で元気に遊ぶ子ども達。

 

 

年長クラスでは最近、花の遊びが続いています。

 

 

集めた花びらをすりこぎで摺り、きれいな色水を作っていました。

 

 

壁際に小さな野草の花を見つけた女の子。毎日観察し水やりをしてくれています。  

 

園庭や境内に咲く春の花に、興味のアンテナがしっかりと向いている子ども達です。

 

新年度

[令和3年4月7日]

長らく更新がストップしておりましたが、園では変わらず楽しい日々を過ごし、賑やかに新年度がスタートしています。

 

 

丸太の山でゴリラのように遊ぶ新3歳

 

 

今日は特にこの小さい丸太がお気に入り。運んだり、転がしたり、並べて橋にして渡ったり…。

 

 

 

「園長先生、いい音がするよ。」

 

この子は抱えている細い丸太を足元の太い丸太打ち付けて、コンコンと響く音をずっと楽しんでいました。

 

 

4月2日には入園式をしました。まだ何かと不安要素が多いので、昨年に引き続き園庭での開催です。簡素な式典。本当は室内でゆっくりとやりたかったです。とりあえず雨にならなくてよかった!

 

 

遊具の上からその様子を眺めておしゃべりする新年長児。

 

 

そしてそして、昨日は恒例のタケノコ掘り。

 

 

こんなすごいヤツもいまっせ!

 

 

 

 

収穫に大満足。(^^)

 

 

今日はこいつらでたけのこご飯です。めっちゃ美味しいんですよ、これが!子ども達、本当にしあわせです。

 

 

 

「あれ?こんなところにタコ船長がいるっ!!」

 

シーーーーーン

 

見事にスベりましたね。まるで竹の木肌のようにスベッスベです。笑

 

タコ船長ってのはデイヴィ・ジョーンズのことですが、お分かりにならない方は映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」をご覧ください。(^o^)

 

お遊戯会明け

[令和2年12月7日]

あっという間に12月、しかもあっという間に第2週です。

 

 

お遊戯会明けの月曜日、境内を散歩する4歳児。

 

 

「園長先生、何撮ってるの?」と聞きながらカメラの先を見上げた女の子が「うわっ!きれ〜〜!」と感嘆の声をあげました。モミジの紅葉が、ちょうど陽の光に当たって透明に輝いていたのです。そばにいた別の子も「きれいだな〜」とため息をつきながらしばらく見上げていました。

 

今年は境内の木々の色づきがイマイチで残念に思っていたのですが、これを見たらさすがに気分が上がりました。

 

子供はいつも下ばかり見て歩いていますから頭のすぐ上にすごくきれいな紅葉があっても意外と気づかないのかも知れません。でも、気づいたらこうやって一緒にため息をつくことができます。4歳児の感性に乾杯。自然の美しさを子供たちと共有し愛でることができるって幸せだな〜と、しみじみ思いました。

 

 

林の入り口は落ち葉の絨毯。気持ちいい〜広場です。

 

 

リュウノヒゲの隙間に緑色の小さな羽虫を見つけて会話を弾ませる2歳児。小さくて細長いカメムシのような感じです。名前がよく分かりません。戻って調べて出てきた名前はクモヘリカメムシ(かな?)。やっぱりカメムシの仲間でしたか。

 

〇〇ちゃんの方を見てるんじゃない?などと担任が声をかけます。

 

すると一人の子がその虫に向かって「ありがとー」とお礼を言いました。こちらまで心がほわっと温かくなりました。

 

 

石も大切な宝物です。

 

 

右側の子が覗いている小さなバケツの中にはセミの抜け殻とワラジ虫とテントウ虫が入っています。この子は虫が大好きらしく、この後お部屋に戻るまでの間も歩きながらずっとこれを覗いて虫の動きを観察していました。こんな風にのんびり歩ける場所があるって幸せなだなぁ〜とまたしみじみ思いながら一緒に歩いていると、その子が私に聞いてきました。

 

「てんとう虫ってどうして羽があるの?」

 

「羽があると、飛行機みたいに空を飛べるからじゃない?」と、私。

 

すると、

 

「でも、ウルトラマンゼットは羽がなくても飛べるよ」と。

 

なるほど、恐れ入りました…。そんなこと考えてもみなかったな。子供の考える力って本当に侮れません。

 

ウルトラマンはなんで羽がないのに飛べるんだろう。気になる〜〜〜〜〜。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

今年のお遊戯会は感染防止対策として全クラス完全入れ替え制とし、参観を一家庭一名に限定させていただきました。大変心苦しい措置でしたが、皆様のご理解とご協力のお蔭で、安心のなか温かく和やかなお遊戯会にすることができました。ありがとうございました!

落ち葉

[令和2年11月20日]

最近、寺の仕事が爆発的に忙しくて日記の更新に手が回りません…。

 

 

昨日風が強かったので「明日は楽しみだな〜」と思っていたところ、思った通りの状況になりました。

 

 

 

 

自然の贈り物

 

カラカラした落ち葉の音、心が安まるような落ち葉の匂い、見て楽し、踏んで楽し、集めて楽し、蹴散らして楽し、そして、掃除して楽し。

 

 

 

 

 

 

あ〜、このまましばらく時間を止めておきたい。(^^)

 

このページのトップへ