保育園日記

スイカ

[平成30年6月23日]

年長のテラスに優しい色合いのスイカが干してありました。

 

 

これは絵の具で色付けしたのではありません。

 

 

子供が園庭のヤマモモとシロツメクサをすり潰して赤と緑の色水を作り、それで染めたらしいです。優しい色。素敵だな。

 

担任はこれで夏のうちわ(盆踊り大会に向けて)を作りたいようです。いいですね。しばらくすると茶色く変色するかもしれません(いや、しないかな?)が、それもまた自然の魅力です。

 

「スイカの匂いがするよ。」と、そばにいた子が教えてくれました。

 

嗅いでみると確かにスイカっぽい…。植物で染めているせいか干し草のような匂いがします。子供はそれを「スイカの匂い」と感じ取っているようです。化学香料のスイカフレーバーよりはるかに本物を感じさせる匂いです。色だけでなく匂いも大切な刺激です。

 

 

そんな年長のテラス前には、かわいいスイカの花が咲きました。

 

 

給食で食べたスイカのタネを、子供達がプランターに植えて育ててきたものです。花が咲けば実がなります。さあ、今年はうまく育つかな〜?

 

 

部屋にはこんな絵本がおいてありました。

 

 

えーと、他にもやたらと色んなものが植えてあります。笑

 

 

メロンもかわいい芽を出して、

 

 

ミニトマト(右)も芽吹いています!ヤマモモは恐らく植えたばかりでしょう。(^^)

 

 

子供達は、食べたら植え食べたら植えして楽しんでいる模様。

 

 

 

アジサイがきれいです。

 

 

お部屋のなかにもきれいに咲いています。

 

 

子供達が春に植えた草花の種も青々と育ってきています。

 

 

恵みの雨が大地に潤いを与えてくれる季節。自然の緑に触れると人間の心も潤うような気がします。  

 

 

季節の自然に存分に触れて楽しむこと、食べること、育てること、それらがそのまま遊びにつながり、その遊びの延長線上に行事の準備や製作もある。すべてが子供の遊びと深く結びついて、混じり合って一つになって進んでいく保育。逆に言えば、全てのことが子供の生活と遊びの中から生まれ広がっていく保育。

 

 

今、私達が一番大切にしたいと思っていることです。

 

ムクゲ

[平成30年6月23日]

真っ白くてきれいなムクゲの花が咲き始めています。

 

 

次々と咲くので遠慮なく摘み取って遊びに使えちゃう、とっても素敵な花木です。

 

 

一つ摘んで4歳の男の子に手渡すと、そっと匂いを嗅いで嬉しそうに言いました。

「あ、いい匂いがしてきた!」

 

そばで見ていた女の子が近づいてきて私に教えてくれます。

「その花ね、お水入れて潰すとネバネバしてくるよ。」

 

すると、男の子もにっこり笑顔ですかさず付け足します。

「納豆みたいにね!」

 

 

……いい会話です。子供の遊びが充実している証拠ですね。

 

 

見てよし、摘んで飾ってよし、嗅いでよし。潰してよし。

 

ムクゲのヌルヌルは言わば天然のスライムです。最初のうち気持ち悪がる子もいますが、慣れるとこれが結構病みつきになるんです。(^^)

 

自然を感じよう

[平成30年6月18日]

年長児が園庭に寝転がって、空を見上げています。

 

見上げた先には…

 

 

怪しい雲が…

 

「雨が降りそうな雲がある!」

 

「雲が歩いてるみたい~」

 

と、雲の行方をじっくりと眺める子ども達です。

 

 

「ふわふわ」「とげとげ」「黄色」「ハートの形」など様々なテーマが書かれた巨大なサイコロを転がし、出たテーマを園庭の隅々まで探しに行きます。

 

 

こちらは「ハートの形」がテーマです。次々とハート型の葉っぱや花を見つけてくる中で、泥を使って自分でハートを作っちゃう子もいました!

 

 

バランスをとって橋を渡ったり

 

 

葉っぱや枝を粘土に挿してかわいい生き物を作ったり

 

 

この時期の自然を感じながら、じっくりたっぷり遊んだ年長児でした。

 

雨、雨樋、雨粒。

[平成30年4月26日]

昨日の午前中、お天気は土砂降りのような雨でした。

 

雨が降って困るのは、園舎の屋根の雨樋です。うちの雨樋はもう年がら年中詰まっています。屋根よりウンと高い大木に囲まれているので仕方ありません。掃除してもしてもすぐに落ち葉が詰まって、終いにはそこからケヤキの新芽が芽吹いちゃったりもします。(^^;;) だからほとんど諦めてます。緑の少ない現代の東京にあってはある意味贅沢な悩みとも言えるのかもしれませんが、実際のところ雨樋から溢れた水がテラスにビシャビシャ跳ねて、毎回なかなか悩ましい状況です。

 

(実は、落ち葉が詰まらないという画期的な雨樋の見積もりを取ったのですが、価格が高くてなかなか踏み切れずにいます…。)

 

 

でも、そんな悩みを吹き飛ばしてくれるような楽しい光景に出会うこともあります。

 

 

土砂降りの最中、年長のテラス前に並べられたバケツ。その上のコップにはバケツと同系色の色水が…。よく見ると、そのコップの中にボタボタと雨樋の水が滴り落ちて来ています。

 

 

「先生、これ入れたらどんな色になるかな?」と、子供が絵の具のチューブを選んで担任に相談しています。滴り落ちてくる雨樋の水を使って色水遊びをしている模様。あれやこれやと子供達は研究熱心です。

 

 

選んだ絵の具を絵筆の先にちょこっとだけ出してもらい、その筆をコップの中に投入してかき混ぜます。

 

 

「〇〇ちゃん待って〜。濡れちゃうから傘さしてあげる。」

 

と、後ろから傘を差し出して子供の活動を見守る担任。その傘もカラフルです。(^^)

 

 

「あ、色が少し変わった!」 「きれいな色になった!」

 

そうやって、しばらく遊びが続いていきました。楽しそうな歓声。とっても楽しい雨漏り(?)の色水遊び。土砂降りさんありがとう。落ち葉の詰まった雨樋さん、、、うーん…、ありがとう。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

そんな光景を「ニクいね!」と楽しく眺めつつその向こうに咲いている花壇を撮影していると、一人の男の子が近づいてきて言いました。

 

 

 

 

「園長先生、もっときれいなのあるよ。それ撮ったらいいんじゃない?」

 

「え、どれどれ?」

 

「ほら、」

 

 

「これ。この葉っぱ、きれいでしょ。」

 

 

ジーン…。

 

 

「近くでさ、大きく撮ったらいいんじゃない?きれいだよ。僕、そういう本持ってるもん。」

 

 

再び、ジーン……。

 

 

感動しちゃいましたよ。まさか咲き終わったチューリップの葉っぱのところへ案内されるとは思ってもみませんでした。でも、この葉っぱの上に乗った雨粒がまるで宝石のようにきれいです。この男の子は、それを私に教えてくれたのです。

 

 

ああ……、雨さん、雨粒さん、心からありがとう。

 

 

ニクいね!!(^^)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

雨上がりの午後、その子ども達が園庭で野球をしていました。繰り返しますが、園庭で、野球ですよ…。笑

 

 

そしてクラスの壁面には、その子達が掘って観察して描いた筍。

 

 

も〜、雨後の筍みたいにスックスク育ってちょうだい!子ども達っ!!

 

このページのトップへ