保育園日記

葉っぱさがし

[令和2年7月9日]

6月の終わりに、年長さんが林で葉っぱ探しの遊びをしました。5月から6月にかけての1ヶ月間、年長クラスでは葉っぱに関わる様々な遊びが展開されてきました。遊びを通じて様々な葉っぱの色や形、手触りや匂いなどに対する感度が高まっている子供たち。林に行く道すがら、すでにあちこちの葉っぱが気になって仕方ない様子です。

 

 

墓地の区画に植えられている植木にたくさんの蜘蛛の巣を発見。

 

「綿あめみたい!」

 

みんな興味津々の様子で美しい蜘蛛の巣を眺めています。

 

 

 

「あめあがりの くものす … 」

 

女の子が何気なく呟いたその一言は、まるで美しい詩のような響きをもって私の胸に届きました。

 

 

林に着くと、寝っ転がって高い木々を見上げます。

 

「あ、葉っぱの色が変わった!」

 

光の差し具合によって変わる葉の色に気づいたようです。

 

「すごい葉っぱが揺れてる」

「気持ちいいー!」

 

子供たちの口から驚きや発見の言葉が次々と溢れ出てきます。

 

私も実際にやってみて驚きました。林の見え方がいつもと全然違うのです。考えてみたら、普段こうして地面に寝転がって木々を見上げるなんてことはなかなかありません。寝っ転がるとものの見え方が変わり、気分もゆったりしてきて、林の緑に向き合う気持ちが一層深まる感じがしました。

 

「みんなで寝転がって見てみたい。」そう言って子供たちと楽しい体験を作り出し、子供のアンテナをさりげなく刺激する担任の感性が、とてもいい感じです。(^^)

 

 

さて、葉っぱ探し。

 

丸い、大きい、ツルツル、ザラザラ、ギザギザ、など、マスの中に様々な言葉が書かれています。その言葉に合うような葉っぱを林の中で自由に探していきます。

 

ある男の子が私に声をかけてきました。

 

「園長先生、しずくのお顔があったよ!」

 

そう言って連れていってくれた先にあったのは…、

 

 

これです。写真では伝わりにくいですが、これ、とても小さな葉っぱなんです。草陰の下の方にひっそりと隠れるように存在していました。

 

本当だ、かわいいお顔だね!よく見つけたねー!

 

と反応したら、その子はとても嬉しそうに得意げな表情を見せてくれました。

 

何気ない小さな自然をよく観察し、色々なことに気づいて楽しむ心が子供たちの中にしっかりと育っています。なんて豊かなんでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

葉っぱの製作コーナーもあります。

 

 

妙に似ています…。笑

 

 

シュロの葉は子供たちに人気です。

 

葉の硬さや大きさが良いんだと思います。衣装にしたり、剣にしたり、ハサミで細かく切ってままごとに使ったり。色々楽しめるありがたい存在です。

 

 

しゃがみこんで黙々と何かしています。

 

 

覗き込んでみると、なんと三つ編みでした。器用に編んでいます。この子はこれが気に入ったようで、一人で黙々と編み込み続けていました。

 

 

みんなが見つけたたくさんの葉っぱを、グループごとに発表しました。

 

 

「葉っぱを探す」という単純な遊びだったのですが、約2時間にわたっての充実した活動になりました。子供達は葉っぱをちぎったり匂いを嗅いだり、自ら主体的に葉っぱと向き合い、一枚一枚の個性を楽しみながら活動していました。

 

自然への感性が十分に育ってきているからこそできる豊かな遊び。ここで培われたものは、一人一人の根っこになって、必ず次の遊びへと繋がっていきます。季節の移り変わりとともに、これからも楽しく過ごしていきたいです。

 

七夕の竹

[令和2年6月29日]

年長の子どもたちと一緒に、裏の竹やぶから七夕用の竹を切り出してきました。

 

 

嬉しそうにピョンピョン跳ねてます!(^^)

 

 

 

大きな竹を5本切り出し、みんなで力を合わせて運びました。

 

水害訓練

[令和2年6月25日]

本日、避難訓練を行いました。水害訓練です。集中豪雨で園の前の白子川が氾濫したと想定し、高台方向へと避難します。今日は雨でしたので、より現実に近い形で訓練することができました。

 

 

まずは園庭に集合

 

 

半透明のビニールシートで子供たちを保護しながら避難行動を開始

 

 

1歳児クラスも避難車で避難

 

 

本堂前に集合し人数確認をして終了

 

実際雨がひどければこの場所も無理でしょうから、寺の玄関に入って雨をしのぐ予定です。

 

妙福寺周辺の地形は白子川方向に向かって緩やかに傾斜しています。そして保育園のある場所は、園ができる前は自然の沼(池?)だったそうです。林のあたりにはいくつもの湧き水があったと聞いていますので、そういった山側から流れてきた水がちょうど溜まる場所だったのかもしれません。実際今でも大雨になると本堂裏の墓地の方から園の前の道路に向かって水がどんどん流れていきます。

 

練馬区の水害ハザードマップを見ると、保育園の園庭付近は最悪の場合大人の腰の高さまで浸水する可能性があることが分かります。園舎付近は大人の膝の高さ、そして本堂付近まで上がるとほとんど浸水なしという感じです。

 

子供の頃、大雨になると白子川の水が道路に溢れ出すことがよくありました。河川工事や上下水道の整備が進んだおかげか、いつ頃からかそれもなくなり、もう何十年も経験していません。でも、やはり川が近くにあることには変わりありません。備えあれば憂いなし。この訓練はこれからも続けていきたいと思います。

 

登園自粛の解除について

[令和2年6月22日]

練馬区の登園自粛要請が6月一杯で終了し、7月1日に解除されることが決まりました。感染対策を講じつつ、7月から通常保育の体制に移行していきます。長期にわたり自粛にご協力くださったご家庭の皆様、ありがとうございました。

 

6月の園児数は全体の60%程度(80名前後)で推移してきました。クラスによって割合に偏りがありますが、全体としては概ね想定内であり、密を避けた安全な保育を維持することができいました。これが7月から100%になると考えると不安は大きいですが、改めて気を引き締めしっかりと進めていきたいと思います。各ご家庭でも、今後も家族全員の体調管理を徹底していただき、少しでも異変が見られた場合には出勤や登園を控えて様子を見るなど、慎重にご対応いただきますよう改めてお願い申し上げます。

 

◯保育利用届出書について
自粛要請期間中に登園を希望される方々からご提出いただいていた「保育利用届出書」は、6月末日までの登園予定の提出をもって終了となります。7月1日以降は提出不要です。

 

このページのトップへ