保育園日記

てっぱく2018

[平成30年7月31日]

ということで、本日の遠足は鉄道博物館。

 

 

晴れました、青空です。最高のお天気。(なのに川には行けません…。)

 

 

いつものように他のクラスのお友達や職員、保護者の皆さんが、園庭やテラスから一斉に手を振ってお見送りしてくれます。見送られるこちらも旅行気分が一層盛り上がります。考えてみると、なんて贅沢な出発風景でしょう。

 

 

あっという間な感じで到着! 大宮って、近いな…。

 

 

まずは巨大ジオラマに興奮。

 

 

「あ、畑がある。見て、山もあってトンネルもある!」と嬉しそう。

 

 

もうこれだけで遠足は十分なくらいです。笑

 

 

新旧の車両の模型も

 

 

じっくり観察。

 

 

この新幹線ひかり、昔からすごく好きです。愛嬌があってかわいい顔。実は、この新幹線を作る責任者だった「新幹線の父」島秀雄氏は、私の妻の同級生のおじいちゃんなんだそうです。で、妻の話では、この新幹線の顔がその彼女(つまり島氏の孫娘)にそっくりとのこと。なんだか…、それって結構いい話な気がします。(^^)

 

完全な余談でした。

 

 

トイレの脇の待合席も昔の列車風。

 

 

これも昔から大好きだった「特急あずさ」。この車両の形と色、それにあずさのプレートの色味が大好きでした。懐かしいな〜。

 

 

「電車に乗ってみんなで旅行に行こう。どこに行きたい?」

 

「大阪!」

 

 

いや〜、あずさは長野方面の電車なんですけどね…。

 

そう言えばプレートのデザインも、よく見るとアルプスの山並みと梓川のようです。私は昔から山と川が好きということです。(関係なし)

 

 

館内は結構広いので、見応え、歩きごたえも十分です。

 

 

動かない車両なのにどうして楽しいのか…。やはりどこかに連れて行ってくれそうなワクワクやウキウキがあるのかも知れません。大きな鉄の塊としての迫力、機関や機械としての魅力、そして旅行のワクワク感。私は特に鉄道ファンというわけではありませんが、それでもやはり楽しくなります。子供達も同じですね。

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

そうして、全員無事に園に戻りました。

 

楽しい小旅行。川は残念でしたが、素晴らしい1日でした。お疲れさま。

 

※追記

気になって改めてよく調べたところ、新幹線の開通は例の孫娘さんの生まれる前じゃないですか! ってことは…。チーン。お粗末さまでした。ナハハ!

 

このページのトップへ